シミの原因

 

シミとは、皮膚内で続けられるメラニンという色素が沈着したものです。メラニンとは、体内部を紫外線から守る働きをします。
通常メラニン色素はターンオーバー(新陳代謝)の働きで、28日間で剥がれ落ちて元の肌色に戻りますが、そのターンオーバーがうまくいかずに、シミとなります。
また、さまざまな理由からターンオーバーが正常なサイクルを保てず、乱れてしまうと、肌細胞そのものの質が悪くなってしまいます。
シミと同時にシワや乾燥、くすみなどの肌トラブルが起こりやすいのは、肌細胞そのものにまで紫外線などのダメージが影響しているためです。
28日のサイクルよりも短い周期で作られた肌細胞は、弱く乾燥しやすく、さらにダメージを受けやすくなります。逆に、剥がれ落ちるはずの肌が28日以上たってしまうと、表面は硬くなり黒ずんでしまいます。【ターンオーバーに合わせてお顔のワックスがおすすめ】

顔のワックス脱毛は、古い角質を取り除きターンオーバーを促す事が出来るんです!!
ワックスの後は保湿パックをしっかり行い潤い肌へ!!
月一行うことによりターンオーバーの周期を整えていきます!!!

顔のワックスオススメですよ♪

 

関連記事

  1. 美肌の土台を作る

  2. 冬の乾燥対策

  3. 季節の変わり目に要注意!

  4. ワックス後のアフターケアその2

  5. 生理中のくすみNGケア

  6. ゆらぎ肌